どうも!ごんじろうです。

この記事を書き出す前に暴落が起きました。2017年10月15日午後5時から1時間程で現物で25,000円ほど。

ロングスパンで見れば大したことない価格差かもしれませんが、FXでフルレバロングしていた人からすれば一大事です。

ビビリの私は漬け込みロングなんて出来ません。

 

・ハードフォークで付与されるコイン目当て

・中国の規制緩和の一連の報道

・ゴールドマンサックスの仮想通貨トレード事業参入の検討

・機関投資家の半年後に「1万ドルを超えても驚かない」発言

などなど

 

ポジティブな情報が重なり、一気に値を上げました。

 

いち早くロング(買い)ポジションを取った方はかなり利益が出たはずですが、問題なのはポジションの取り方です。

 

例えば

1BTCが50万円の時に15倍レバで5BTC買ったとします。

1BTCが65万円の時に売却すると・・・15×5=75 75万円の利益が出ます。

60万円まで下がっても50万円の利益は残り、

55万円まで下がっても25万円の利益が残ります。

 

しかし、

60万円で5BTC買い足し、調子に乗ってまだ上がると思い65万円で10BTC買い足してしまったとします。

もし70万まで上がった時点で利確すればOKですが、下がったときが大変です。

60万円まで下がった時点でプラスマイナス0になってしまいます。

55万円まで下がると、なんとマイナス120万円!

 

最初に買った価格より高いのに大赤字!!!

 

そんな事ねぇわっ!

と、お思いになるかもしれませんが、高騰している時は錯覚に陥りやすく、初心者がこういう失敗で一夜にして破産なんてケースは多くあるようです。

 

価格は上がれば、いつかは必ず下がります。

下がったことない通貨はこの世に一つもありません。

 

上がったら売る、下がったら買う。

これを徹底していれば、大負けリスクはかなり軽減できます。

 

簡単なことなのですが、FXはこれに尽きます。

 

適当で勝てるほどFXは甘くないです。

為替FXは90%以上は負けると言われる世界です。

※おそらくBTC-FXは勝ってる人の割合は高いと思われますが・・・。

 

テクニカルや情勢を分析して段階的に指値を付けることをおススメします。

移動平均線、ボリンジャーバンド、サポートライン、他取引所の値動き。

勉強すればするほど奥が深いFX。

 

寝ロング、寝ショートは非常に危険です。

 

初心者は必ず負けるまで錯覚します。

私も私の周りもみんなそうでした・・・。

 

まだ勝ちっぱなし!というアナタにこそ呼んでほしい記事でした。