どうも!ごんじろうです。

ICOはギャンブル性が高いので注意!と言いつつ、今回はおススメのICOのお話です。

COMSA

もう皆さん

登録済でしょうか?

 

もしまだの方はこちらからどうぞ。↓

 

どーん!

※ バナーをクリック(タップ)すると事前登録ページに移動します。

 

さて、このCOMSAですが、いったい何がすごいのでしょうか?

 

「ICOに使われる」と言われていますが、ハッキリ言って詳しいことは良くわからないですよね。

 

私なりに調べてまとめてみるたので、参考にしてください。

 

まず、冒頭のバナーでも分かる通り、既に事前登録は始まっています。

 

これは「買わない人」でも大丈夫です。

 

買うかもしれない人は必ず登録しておきましょう。

登録料と言った類の怪しいものは全く無く、先行者利益も受けられるかもしれないので登録しておくに越したことはないです。

私は登録開始日の朝に登録しましたが、おそらく順番は関係ないと思われます。

登録開始から2週を要さずに4万人を突破していると言いますから、注目度の高さが伺えます。

 

今後、他の国の方々の登録も増えて来るでしょうし、期待の大きさから、かなり大きな金額が集まりそうです。

購入数によって発行数が決まる為、いわゆる「買占め」は起きません。

安心ですが、反面、ICO後の急騰も大きなものは期待しない方が良いと思います。

 

そしてこのCOMSAの役割が重要なんです。

 

企業の資金調達です。

 

株式会社の場合、今までは株式を発行し、それを投資家に買ってもらうことで資金調達していました。

それを仮想通貨を使用して資金調達を行う仕組みを作ったのです。

 

 

既にICOプラットフォームが構築されており、特に新規参入企業にとってはありがたい存在になります。

ビットコイン、イーサリアム、ネムでの集金システムで世界中から資金を集めることが可能です。

ホワイトペーパーで事業をアピールし、賛同する投資家に仮想通貨トークンを発行することで資金が集まります。

 

株式は敷居が高かった人にも投資が身近なモノになります。

 

そしてこのCOMSAの開発は日本企業によって行われているのです。

 

日本の企業が世界的にも信用は高いですし、既に取引所のZaifを運営しているテックビューロ社ですから実績としても問題ないですよね。

 

これからこのプラットフォームがトレンドになっていくことは容易に予想できると思います。

 

10月2日トークン販売開始ですので、早めの登録をおススメします。

 

もう登録された方は、仮想通貨で試算を増やし、その時を待ちましょう!