どうも!ごんじろうです。

私の体重は上昇中ですが、仮想通貨は全体的に暴落しております。

言わずと知れた8.1への不安感が主な要因と思われます。

 

8月1日まで下げの傾向が強いのであれば「法定通貨に避難!」

という流れがアルトコインにも伝染しているようです。

 

もちろん正しい判断だと思います。

 

落ちたところで買い直せばよいのですから。

 

しかーし。

 

世の中には

「さがっても儲かる」

なんつなもんがあるらしいです。

 

知ってる方も多いですね。

 

FXのショートです!

 

「やってるわっ!」

 

って方はスルーしてくださいね。

 

もし、「なんじゃそりゃ?」

 

となっている方には朗報です。

 

こういった明らかな下げ相場の時には、「先に売る」という謎の行動が出来るFXの活用をおススメします。

 

不慣れな方は「危ない」と思われるかもしれません。

 

実際、適当にやると必ずヤケドします。

 

 

今回は初心者の方にも分かりやすく解説してみます。

 

例えば現在のビットコインの価格を1ビットあたり30万円とします。

 

普通は30万円で購入するところから始まります。

 

でも、下がっていくと思っているのに買う人いないですよね。

 

もし1ビットコインを30万円で購入して25万円で売却すると5万円の損になります。

当たり前ですね。

 

しかしFXは「先に売る」ということが可能なんです。

 

下がりそうだから「30万円で先に売る」とポジションを取ります。

 

そして「25万円で買う」と先に売っているものを買うのです。

 

そうすると、逆に5万円儲かります。

 

不思議ですが、そいういうことなんです。

 

更にはレバレッジと言って、倍率を変えることも可能なんです。

 

例えば10万円しか持っていなくても、10倍のレバレッジが掛けると100万円分を運用できます。

ちょっと難しい話になってくるので、簡単に言いますね。

100万円が5%ダウンすると5万円の損になります。

そうすると元金10万円の半分を損することになります。

そうすると取引は強制終了します。(強制ロスカット)

 

このリスクだけ気をつければ大丈夫です。

segwit2x次第ですが、7/21で一旦利確して、様子を見て再投下。

 

7/31で利確するのが無難でしょう。

 

ポジティブニュースのオンパレードで死亡リスクは高まりますので、過度な期待は厳禁です。

証拠金維持率もマメにチェックしましょう。

 

では、次回は反転したときのロングについてお話しします。