どうも!ごんじろうです。

山あり谷あり、仮想通貨も落ちるから上がるんですよね。

イーサリアムは今年は順調に上がり続けると予想していただけに、今回の暴落(2017年6月下旬)は肝を冷やします。

 

しかし、暴落があるから暴騰があるわけで・・・。

 

中長期で見ればなんてことない変動の一つです。

 

さて、今回は

 

Antshares (ANS)

について。

 

何それ?

 

と思われる方も多いかもしれません。

 

既に名称変更されておりNEOというトークンになっています。

 

しかし、現在(2017年6月28日)はまだBITTREXではANSのままです。

 

ではこのNEOとはいったいどのような通貨なのでしょうか?

 

個人的見解も交えて分かりやすくすると・・・

 

 

(イーサリアム+ネム)÷3×中国のポテンシャル

※テキトーですよ・・・

 

通貨の役割というよりは、いろんな技術に応用できるプラットフォームみたいです。

 

中国の市場規模は周知の通りですが、中国国外からも注目を集めているので、可能性は計り知れません。

 

公文書など、デジタルアセットの分野に食い込む可能性や、クラウドファンディング(WEB上での事業資金集め)やP2Pレンディング(個人間の融資)のベースとして使われるようになることを目指しているとのこと。

 

大きな企業の名前もちらついていますので、それぞれ正式な発表があるたびに値上がりしていくかもしれません。

※Microsoft、中国銀聯

 

今後のニュースに注目していきましょう。

 

ANSの今のうちに握っておいてくださいね♪