どうも!ごんじろうです。

「チャラ男のイサム」か「清純派のりっちゃん」か「おっとりのネムリ姫」か?

暗号通貨の世界に足を踏み入れる時、多くの方が「ビットコイン」を入り口にしてきたのではないでしょうか。

 

インフラ整備もビットコイン主導で進み、今後も仮想通貨のリーダーとして、また仮想通貨間のブリッジ通貨としての役割を担い、価値を上げていくと考えられています。

投機から実用へとシフトしつつある今、利便性と安全性の両立が求められます。

 

しかし、ビットコインが全ての性能で優れているかというと、そうではありません。

 

送金速度ひとつ取っても他の通貨より遅く、マイニングの進捗次第ではかなりストレスを与える速度になることもしばしばです。

ですので、性能面でもビットコインから覇権を奪う可能性がある候補通貨は既に背後まで来ているのです。

 

とはいえ、先行逃げ切り態勢が整いつつある今、失墜する可能性は低くなったと考えられています。

他のコインの成長次第では厳しい立場に立たされる要因はいくつも抱えているのが、ビットコインの現状です。

 

では、ビットコインに肩を並べる(もしくは抜き去る)可能性があるのはどんな通貨なのでしょうか?

 

本命3銘柄はコレ

・イーサリアム(ETH)

・リップル(XRP)

・ネム(ZEM)

 

はい、そうです・・・。

現時点で資産総額の順番どおりです。

 

それぞれ性能が全く違うのですが、どれが覇権をとってもおかしくない素晴らしい銘柄なんです。

 

【※ 以下は私の個人的見解が含まれます 】

目立ってバンバンアピールしている通貨のイーサリアム。まさにチャラ男。

何といってもバックにはGoogle先生が付いています。(本気出したらマジでやばいです。)

 

そしてリップルは送金時のブリッジ通貨としての背景があるのにボラが激しくなるほどの過熱ぶり。

バックにはMicrosoft。ポジティブニュースの連鎖でどこまで跳ねるのかっ!(直近2か月はmoon)

 

TOP3ほど知名度は無い、NEMは仕組みとしては「イーサリアムと似た性質」を持っています。

そしてこの中ではスピード№1。そしてジワジワと確かに歩を進めているのです。

性能は一番良いと推す人は多いですね。

 

つまり、それぞれに強みがあり、特徴があります。

 

選挙みたいにファンが多い通貨が残るんです。

 

個人的にはNEMを応援していますが、世界が認めるまでには時間が掛かることは予想できているので、すぐに覇権をとるとは思っていません。

 

知名度、汎用性などで優れるイーサリアムがしばらくNEMと差を付けて行く展開になると思います。

数年後のNEMを見ていてください。